AGAとは一体何か

AGA、AGAと、よく耳にしますが、AGAというのは簡単に説明すると、いわゆる男性型脱毛症のことを指しています。

また私たちが考える脱毛症というのは、ただ髪が抜けるという事だけを考えがちですが、本当の脱毛症というのは、いろいろなタイプの脱毛症というのがあるのです。

そして、その中の一つをAGA…男性型脱毛症と呼んでいるのです。

とは言っても、脱毛症というのは、いろいろなタイプの脱毛症がありますが、脱毛症のタイプの内でAGAの占める割合というのは、なんと9割を占めているといわれているのです。

という事は、脱毛症のほとんどがAGAであると言っても、過言ではないという事なのです。

ちなみにAGAというのは、その特徴として頭頂部の髪の毛が薄くなるとか、生え際がだんだん後退する…生え際が後ろに下がっていくなどの症状が出ます。

他の薄毛でも髪の毛が薄くなることはよくありますが、AGAの特徴としては頭頂部とか、生え際というキーワードと、これらの部位から髪の毛が薄くなるという特徴があります。

また通常は薄毛というのは、病院ではあまり治療をしませんし、出来ないというイメージがありますが、AGAは違います。

なんとAGAは病院でも治療が出来るのです。(参考→AGA専門外来(病院)の特長 | メンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック) AGA専門外来)

しかも全国に少数の病院ではありません。

すでに全国で数多くのAGAの治療をしてもらえる病院というのが、点在しているのです。

AGAは治らない病ではないのです。

治る時代になったのです。